The University of Tokyo

 
line decor
[日本語] [English]
line decor
 
 
 
 

 
 
Research

研究トピック

  • 高速インターネットアーキテクチャ (ラベルスイッチ技術, コンテンツデリバリネットワーク技術)
  • 次世代インターネット基盤技術 (ルーティング, IPv6, モバイルインターネット, マルチキャスト, DNS)
  • オペレーティングシステム (LINUX, BSD, 仮想技術)
  • 次世代インターネットアプリケーション
  • センサーネットワーク,ファシリティネットワークアーキテクチャ (データ収集・分配,自動設定・運用)
  • アドホックネットワーク (DTN,ポテンシャルルーティング)

Full Paper in English

  1. R.Nakamura, K.Okada, Y.Sekiya, H.Esaki, “Common Data Plane for Multiple Overlay Networks”, Elsevier, The International Journal of Computer Networks, Special Issue on SDN, October 9, 2015
  2. I.Nakagawa, M.Hiji, H.Esaki, "Dripcast - architecture and implementation of server-less Java programming framework for billions of IoT devices", IPSJ Journal of Information Processing, Vol.23, No.4, pp.458-464, October 2015. .
  3. Hirochika Asai, K.Fukuda, P.Abry, P.Borgnat, H.Esaki, "Network Application Profiling with Traffic Causality Graphs", International Journal of Network Management, DOI: 10.1002/nem.1865, June 5, 2014
  4. Yosuke Himura, Kensuke Fukuda, Kenjiro Cho, Pierre Borgnat, Patrice Abry, and Hiroshi Esaki, "Synoptic Graphlet: Bridging the Gap between Supervised and Unsupervised Profiling of Host-level Network Traffic", IEEE/ACM Transaction on Networking, Volume 21, Issue 4, pp.1284-1297, August 2013.
  5. Tri Trinh, Hiroshi Esaki, Chaodit Aswakul, "Dynamic Virtual Network Allocation for OpenFlow Based Cloud Resident Data Center", IEICE Transactions on Communications, Vol. E96-B, No.1, pp.56-64, January 2013
  6. Y.Kanaumi, S.Saito, E.Kawai, S.Ishii, K.Kobayashi, S.Shimojo,"RISE: A Wide-area Hybrid OpenFlow Network Testbed", IEICE Transactions on Communications, Vol. E96-B, No.1, pp.108-118, January 2013.
  7. Hideya Ochiai, Hiroki Ishizuka, Yuya Kawakami, Hiroshi Esaki, "A DTN-Based Sensor Data Gathering in Agricultural Applications", Invited Paper, IEEE Sensors Journal, Vol.11, No.11, pp.2861-2868, November 2011
  8. Yosuke Himura, Kensuke Fukuda, Kenjiro Cho, and Hiroshi Esaki, "Characterization of Host-Level Application Traffic with Multi-Scale Gamma Model",  IEICE TRANSACTIONS on Communications, Vol.E93-B  No.11  pp.3048-3057, November 2010.
  9. Yosuke Himura, Kensuke Fukuda, Kenjiro Cho, and Hiroshi Esaki, "An Evaluation of Automatic Parameter Tuning of a Statistics-based Anomaly Detection Algorithm," International Journal on Network Management, Special Issue of on Traffic Monitoring and Network Measurements: from Theory to Practice, Wiley InterScience, (wileyonlinelibrary.com), Vol.20, Isuse 5, pp.295-316, August 2010
  10. Guillaume Dewaele, Yosuke Himura, Pierre Borgnat, Kensuke Fukuda, Patrice Abry, Olivier Michel, Romain Fontugne, Kenjiro Cho, Hiroshi Esaki, "Unsupervised host behavior classification from connection patterns," International Journal on Network Management, Special Issue on Traffic Monitoring and Network Measurements: from Theory to Practice, (wileyonlinelibrary.com), Vol.20, Isuse 5, pp.317-337, August 2010.
  11. Hiroshi ESAKI, "A Consideration on R&D Direction for Future Internet Architecture"(other link), Special Issue on Next Generation Networks (NGNs), INTERNATIONAL JOURNAL OF COMMUNICATION SYSTEMS (IJCS), Vol.23, Issue 6-7, pp.694-707, April 2010
  12. Hideya Ochiai and Hiroshi Esaki, "Topology Change Tolerant Routing for Delay Tolerant Networks", (in Japanese), IPSJ Journal, Vol. 50, No.9, pp.2312-2326, September, 2009
  13. S. Carrilho, H. Esaki, "A Pub/Sub Message Distribution Architecture for Disruption Tolerant Networks", IEICE Special Section of Transactions on Information and Systems, October 2009 (tobe appeared)
  14. S. Fujita, K. Shima, Y. Uo, H. Esaki, "A Decentralized VPN Service over Generalized Mobile Ad-Hoc Networks", IEICE Special Section of Transactions on Information and Systems, October 2009 (tobe appeared)
  15. H. Ochiai, S. Matsuura, H. Sunahara, M. Nakayama, H. Esaki, "Operating Architecture and Multi-Attribute Search for Wide Area Sensor Networks", (in Japanese), IEICE Transaction on Communications, Vol.J91-B No.10.pp.1160-1170, October 2008
  16. M. Nakayama, S. Matsuura, H. Esaki and H. Sunahara, "Live E! Project: Sensing the Earth", Lecture Notes in Computer Science, Springer Berlin / Heidelberg, ISSN 0302-9743, Volume 4311/2006, Technologies for Advanced Heterogeneous Networks II, pp. 61-74, December 2006
  17. N.Okabe, S.Sakane, K.Miyazawa, K.Kamada, M.Ishiyama, A.Inoue, H.Esaki, "Implementing a Secure Autonomous Bootstrap Mechanism for Control Networks", IEICE Trans. on Info & Sys, Vol.E89-D, No.12, pp.2822-2830, Dec. 2006
  18. K.Fukuda, K.Cho, H.Esaki, "The Impact of Residential Broadband Traffic on Japanese ISP backbones", ACM SIGCOMM Computer Communication Review CCR Special Section on Measuring the Internet s Vital Statistics, Jan.2005
  19. H.Yoshifuji, K.Miyazawa, M.Nakamura, Y.Sekiya, H.Esaki, J.Murai, "Linux IPv6 Stack Implementation Based on Serialized Data State Processing", IEICE Trans. on Comm. Special Issue on Internet Technology IV, pp.429-436, Vol.E87-B, No.3, March 2004
  20. M. Tatipamula, P. Grossetete, H. Esaki, "IPv6 Integration and Coexistence Strategies for Next-Generation Networks", IEEE Communications Magazine, pp.88-96, Vol.42, No.1, January 2004
  21. T.Ishihara, T.Kusudam K.Nagami, I.Nakagawa, Y.Kikuchi, H.Esaki, "A Consideration of IX Architecture Using MPLS Based on Router Performance and QoS Requirements", IEICE Trans. on Comm. Special Issue on Internet Technology III, p.498-505, Vol.E86-B, No.2, February 2003
  22. T.Jinmei, K.Yamamoto, J.Hagino, S.Sakane, H.Esaki, J.Murai, "The IPv6 Software Platform for BSD", IEICE Trans. on Comm. Special Issue on Internet Technology III, pp.464-471, Vol.E86-B, No.2, February 2003
  23. K.Nagahashi, H.Esaki, J.Murai, "An Integrity Check for the Conflict Origin AS Prefixes in the Inter-domain Routing", IEICE Trans. on Comm. Special Issue on Internet Technology III, pp.526-533, Vol.E86-B No.2, February 2003
  24. S.Katsuno, K.Yamazaki, T.Kubo, T.Asami, K.Sugauchi, O.Tsunehiro, H.Enomoto, K.Yoshida, H.Esaki, "High-Speed IP Meter HIM and Its Application in LAN/WAN Envireonment", IEICE Trans. on Information Systems, pp.1241-1249, Vol.E85-D No.8, August 2002
  25. Masahiro Ishiyama, Mitsunobu Kunishi, Keisuke Uehara, Hiroshi Esaki, Fumio Teraoka, "LINA: A New Approach to Mobility Support in Wide Area Networks", IEICE transactions on communications, pp.2076-2086, Vol.E84-B No.8, Aug.2001
  26. Naoto Morishima, A.Ogawa, Hiroshi Esaki, O.Nakamura, S.Yamaguchi, J.Murai, "Preliminary Field-Trial for QoS Routing and Dynamic SLA", IEICE transactions on communications, pp.2039-2046, Vol.E84-B No.8, Aug.2001
  27. K.Nagami, H.Esaki, Y.Katsube, O.Nakamura, "Aggregated Traffic-Driven Label Mapping in Label Switching Network", IEEE JSAC (Journals on Selected Area in Communications), pp.1170-1177, Vol.17, No.6, June 1999
  28. K.Nagami, H.Esaki, N.Demizu, " VCID Notification for Label Switching", IEICE Transactions on Information & Systems, Special Issue on Internet Technology and its Applications, pp.863-869, Vol.E82-D, No.4, April 1999
  29. K.Kanai, K.Tsunoda, S.Matsuzawa, H.Esaki, "Forward Error Correction Control on AAL 5: FEC-SSCS", IEICE Transactions on Communications, pp.1821-1830, Vol.E81-B, No.10, October, 1998
  30. K.Nagami, Y.Katsube, Y.Shobatake, A.Mogi, S.Matsuzawa, T.Jinmei, H.Esaki, "Flow Attribute Notification Protocol (FANP) for Label Switching", IEICE Transactions on Communications, pp.1811-1821, Vol.E81-B, No.10, October, 1998
  31. Y.Katsube, K.Nagami, S.Matsuzawa, Hiroshi Esaki, "Internetworking Based on Cell Switch Router -Architecture and Protocol Overview-", pp.1998-2006, Proceedings of the IEEE, December 1997
  32. S.Matsuzawa, K.Nagami, A.Nogi, T.Jinmei, Y.Katsube, H.Esaki, "Architecture of Cell Switch Router and Prototype System Implementation", IEICE Transactions on Communications, pp.1227-1239, Vol.E78-B, No.8, August 1997
  33. Katsumi Yamato, Hiroshi Esaki : "Congestion Control for ABR Service Based on Dynamic UPC/NPC", IEICE Transactions on Communications, pp.142-152, Vol.E79-B, No.3, March, 1996
  34. Hiroshi Esaki, Takeo Fukuda : "Reliable IP Multicast Communication Over ATM Networks Using Forward Error Correction Policy", IEICE Transactions on Communications, pp.1622-1628, Vol.E78-B, No.11, November, 1995
  35. Hiroshi Esaki, Masataka Ohta, Ken-ichi Nagami: "High Speed Datagram Delivery over Internet using ATM Technology", IEICE Transactions on Communications, pp.1208-1218, Vol.E78-B, No.8, August, 1995
  36. Hiroshi Esaki, Yoshiyuki Tsuda, Kumiko Kanai: "Evaluation of High Speed Multimedia Communication Architecture in ATM Networks", IEICE Transactions on Communications, Special Issue on Distributed Architecture for Next Generation Communication Networks, pp.1407-1419, Vol.E77-B, No.11, November 1994
  37. Hiroshi Esaki, Yoshiyuki Tsuda, Takeshi Saito, Shigeyasu Natsubori: "Datagram Delivery in an ATM-Internet", IEICE Transactions on Communications, Special Issues on Future Private Networks, pp.314-326, Vol.E77-B, No.3, March, 1994
  38. Hiroshi Esaki, Kazuaki Iwamura, Toshikazu Kodama, Takeo Fukuda, "Connection Admission Control in ATM Networks", IEICE Transactions on Communications, pp.15-27, Vol.E77-B, No.1, January, 1994

Full Paper in Japanese

  1. 塚田,小川,池田,曽根,丹羽,齊藤,粕谷,砂原,江崎,”Software Defined Media: 視聴空間サービスのソフトウェア制御”, コンピュータソフトウェア科学会 学会誌「コンピュータ・ソフトウェア」, Vol.34, No.1, pp.78-99, 2017年3月. (to be appeared)
  2. 江崎浩,”Security 5.0の実現に向けたセキュリティーのあり方とエネルギー分野での展望”(Security for Society 5.0 Era and its Development in Energy Industry), 特集「エネルギーに関する情報セキュリティーの現状と対応」、エネルギー・資源学会「エネルギー・資源」, Vol.38, No.2, (通巻222号), pp.32-36, 2017年3月
  3. 江崎浩、砂原秀樹、”Live E! プロジェクト: 活動趣旨とその主な成果“、情報処理学会 学会誌 小特集「Live E! : ~活きた地球の環境情報~ディジタル環境情報の中で自律的な生成/流通/加工/共有に向けて」、Vol.58, No.3, 通巻624号、2016年3月号
  4. H.Ikegami, H.Ochiai, M.Tsukada, H.Nii, H.Esaki, “Z3C: Zero-Cross Communication with Pulse Width Coding Power Line (商用電源における電圧零交差点での電流制御による通信とパルス幅符号化)”, IEICE Transactions on Communications, 若手研究者のための創造的論文特集, Vol.J99-B, No.7, pp490-500, July 2016.
  5. 中村遼(R.Nakamura), 石原知洋(T.Ishihara), 関谷勇司(Y.Sekiya), 江崎浩(H.Esaki), “トンネリング技術を用いた汎用機器によるデータセンターマルチパスの実現(Multipathing in Commodity-based Data Center Networks with IP Tunneling )”, 日本ソフトウェア科学会(JSSST) 学会誌, 特集「ネットワーク技術」, Vol.33, No.3, pp.29-43, August 2016.
  6. 江崎、落合, "Internet by Design」に基づいたスマートビル。スマートキャンパスの設計と実装 -IEEE1888を用いた実装・プラクティス・展開-", 情報処理学会 デジタル・プラクティス, Vol.5, No.3., July 2014
  7. 江崎、落合,"IEEE1888を用いたインターネット型オープンBEMS(Internet-based Open BEMS using IEEE1888)”、特集: エネルギー・資源に関する技術の標準化への取り組みとその適用、エネルギー・資源学会, Vol.35,No.5, pp.301-305, 2014年9月
  8. M.Yamanouchi, H.Ochiai, S.Matsuura, H.Esaki, H.Sunahara,”Live E!プロジェクト: 誰もが利用できるセンサネットワーキングを目指して(Live E! Project: A Pervative Sensor Networking)”, (in Japanese), コンピュータソフトウェア学会誌, [解説論文] 特集 ネットワーク技術, Vol.31, No.3, pp.32-41, 2014
  9. Hideya Ociai, Yusuke Doi, Hiroshi Esaki, "CA-EXI: Context-Aware Efficient XML Interchange for IEEE1888 Message Compression" (CA-EXI:運用コン テキストとEXI符号化を用いたIEEE1888メッセージ圧縮手法), , IEICE Transactions on Communications, Vol.J96-B, No.10, pp.1104-1113, October 2013.
  10. 落合、井上、寺西、江崎, "IEEE1888 通信スタックの組み込み向け軽量実装", 情報処理学会 論文誌、Vol.54, No.7, pp.1849-1860, 2013年7月.
  11. Hirochika Asai, Kensuke Fukuda, Hiroshi Esaki, "DNS検索グラフによるIPv4/IPv6トランスポートを考慮 したDNS移譲構造の分析(A Graph-based Analysis on DNS Delegation Relationships in IPv4 and IPv6 Coexisting Internet)", コンピュータソフトウェア学会、学会誌 コンピュータソフトウェア、ネットワーク技術特集号、Vol.30, No.2, pp.135-146, 2013年8月
  12. T.Asami, H.Esaki, Y.Sekiya, K.Saito, T.Yamashita, G.Iwqanami, "P2Pのこれまでとこれから -ネットワーク高度利用推進協議会の歴史とともに-(Promotion towards Commercial P2P in Japan)", (in Japanese), IEICE Journal, Vol.95, No.9, pp.809-814, September 2012.
  13. Hirochika Asai, Hiroshi Esaki, "AS規模定量化によるAS間接続関係の推定 - Estimation and Evaluation of AS Topologies in the Internet using the Scale Information of ASes ", JSSST Journal Computer Software, Vol.29, No.2, pp.95-108, April, 2012.
  14. Hiroshi Esaki, Hideya Ochiai, "The Green University of Tokyo Project",  (in Japanese), Invited Paper, IEICE Trasactions on Communications, Special Issue on スマートな社会を支えるインターネットアーキテクチャ特集, Vol.J94-B, No.10, pp.1225-1231, October 2011.
  15. Hiroshi Esaki, Hideya Ochiai, "ICT System Architecture for Smart Grid (スマートグリッドを支えるICTシステムアーキテクチャ)", IEICE Journal, Vol.94, No.5, pp.391-395, May 2011. (in Japanese)
  16. K.Fukuda, K.Cho, H.Esaki, A.Kato,"国内ブロードバンドトラヒックの動向(An Analysis of Residential Broadand Traffic in Japan)", IEICE Journal, Vol.23, No.4, pp.276-279, April 2010. (In Japanese)
  17. 江崎、”メ ディアとネットワーク”、 映像情報メディア学会誌2010年1月号 「学会創立60周年記念特集」(映像情報メディアの未来ビジョン)、 3.4、2010年1月
  18. H.Esaki, "我 が国のインターネットトラヒックの実態 から見たネット中立性に関する問題点の考察(A Consideration of Network Neutrality from the View Point of Internet Traffic Analysis)", IEICE Network Society Magazine 小特集 『インターネットの経済学』、pp.29-38, June 2009
  19. H.Ochiai, S.Kimura, S.Matsuura, H.Sunahara, H.Fukuhara and H.Esaki, "Content-Based Networkにおけるデータ処理コンポーネント最適配置問題", in Japanese, IPSJ Technical Report, IPSJ_DPS139-12, Shizuoka, Japan, June, 2009.
  20. K. Yoshida, Y. Fujii, Y. Kikuchi, M. Yamamoto, K. Nagami, I. Nakagawa, H. Esaki, "A Trend Analysis of Latency and Packet Loss in Broadband Internet Environment through End Customers’ View", IEICE Transactions on Communications, Vol.J91-B,No.10, pp.1182-1192, October 2008
  21. H. Ochiai, H. Esaki, "Networked GPIO Control by High-Level Languages and Protocol Translator", (in Japanese), Journal fo IPSJ, Vol.49 No.10, pp.3451-3461, October 2008
  22. 江崎, 宮田, "IPv6システムの相互接続性の確立戦略", 情報処理学会 会誌, vol.49, No.3, pp.237-243, 2008年3月
  23. 砂原, 江崎, "アプリケーションIP化とIPバージョン6", 情報処理学会 会誌, vol.49, No.3, pp.251-256, 2008年3月
  24. 松島,中川,永見,菊池,江崎,"産学連携による"MPLS-IX"アーキテクチャの研究と実用化", 情報処理学会論文誌,pp.721-732, Vol.48, No.2, 2007年2月
  25. 江崎, "インターネット技術を用いたオープン環境情報共有システムの構築-Live E!:ディジタル百葉箱による自立的な気象データの共有と応用-", 日本建築学会会誌, 2005年10月
  26. Z.Uda, N.Ogashiwa, K.Nagami, K.Kondo, I.Nakagawa, Y.Shinoda, H.Esaki, "A New Multi-Homing Architectiure based on Overlay Network (in japanese)", IEICE tracsaction on communications, Vol.J87-B No.10 pp.1564-1573, October 2004
  27. 長橋, 江崎, "インターネットルーチングレジストリにおける経路整合度の評価に関する研究", 電子情報通信学会 和文論文誌D-1, pp.553-560, Vol.J87-D1, No.5, 2004年5月
  28. 勝野, 山崎, 浅見, 江崎, "L2 Over MPLSの品質評価", 電子情報通信学会 和文論文誌D-1, pp.526-535, Vol.J87-D1, No.5, 2004年5月
  29. S.Katsuno, K.Yamazaki, T.Asami, H.Esaki, "Performance Evaluatin of Layer 2 over MPLS (in japanese)", IEICE Transactions on Information Systems, Vol.J87-D1 No.5 p.526, May 2004
  30. Kengo Nagahashi, Hiroshi Esaki, "A Research on the Routing Consistency in Internet Routing Registry (in japanese)", IEICE Transactions on Information Systems, Vol.J87-D1 No.5 p.553, May 2004
  31. S.Katsuno, K.Sugauchi. O.Tsunehiro, K.Yamazaki, K.Yoshida, H.Esaki, "A Symmetric Characteristics of Internet Based on Traffic Measurement and Analysis", IEICE Trans. on Information Systems, pp.2300-2309, Vol.E86-D No.11, November 2003
  32. Tatuya Jinmei, Atsushi Onoe, Kazuhiko Yamamoto, Jun-ichiro itojun Hagino, Hiroshi Esaki, Jun Murai, "A method of processing inbound IP packets with a routing table (in japanese)", Electronics and Communications in Japan (Part I: Communications), Volume 86, Issue 9, pp 1-8, September 2003
  33. 中川, 江崎, 菊池, 永見, "MPLSを用いた広域分散IXの実現", 情報処理学会ジャーナル, e-Japan時代のインターネット/分散システムの構築・運用技術小特集, pp.3519-3529, Vol.43, No.11, 2002年11月
  34. 小林, 勝野, 中村, 美甘, 林, 町澤, 北辻, 江崎, "JGN IPv6ネットワーク", 電子情報通信学会和文論文誌B インターネット技術小特集, pp.1156-1163, Vol.J85-B, No.8, 2002年3月
  35. 吉藤, 神田, 高宮, 関谷, 江崎, 村井, "USAGIプロジェクトによるIPv6基本ソフトウェアの開発", 電子情報通信学会和文論文誌B インターネット技術小特集, pp.1339-1345, Vol.J85-B, No.8, 2002年8月
  36. 神明, 尾上, 山本, 萩野, 江崎, 村井, "経路表を利用したIPパケット受信処理", 電子情報通信学会和文論文誌B インターネット技術小特集, pp.1331-1337, Vol.J85-B No.8, 2002年8月
  37. 勝野, 浅見, 江崎, "IPバージョン6を用いたディジタルビデオ映像の転送", 電子情報通信学会和文論文誌B インターネット技術小特集, pp.1323-1328, Vol.J85-B, No.8, 2002年8月
  38. 永見, 松沢, 茂木, 伊瀬, 勝部, 江崎, "ラベルスイッチ技術のマルチキャストへの拡張と評価", 電子情報通信学会 和文論文誌B, pp.1712-1720, Vol.J83-B, No.12, 2000年12月
  39. o
  40. I.Nakagawa, H.Esaki Y.Kikuchi, K.Nagami, "Design of Next Generation IX Using MPLS Technology", 情報処理学会ジャーナル, Special Issue of Selected Papers from SAINT2002, pp.3280-3290, Vol.43, No.11, 2002年11月
  41. 江崎, 加藤, 村井, 宮原, "JBプロジェクト", 情報処理学会 学会誌, Vol.43, No.11, 2002年11月
  42. 中川, 江崎, 菊池, 永見, "MPLSを用いた広域分散IXの実証実験", 情報処理学会 学会誌, Vol.43, No.11, 2002年11月
  43. 小林, 勝野, 美甘, 江崎, "JGN IPv6ネットワーク", 情報処理学会 学会誌, Vol.43, No.11, 2002年11月
  44. 江崎, "インターネットの将来像", 電子情報通信学会誌, 解説論文, Vol.85, No.2 2002年2月
  45. 江崎, "インターネットシステムの現状と将来", レーザ研究, IT産業とレーザ技術特集号, pp.488-494, Vol.29. No.8, 2001年8月
  46. 中川, 林, 高橋, 江崎 "次世代インターネットイクスチェンジの技術動向", 情報処理学会 学会誌 技術解説論文, Vol.42, No.7, 2001年7月
  47. 江崎, "次世代インターネットが拓く21世紀", KAST (神奈川科学アカデミー) Report, 平成12年度第2号(通巻33号), 2001年3月
  48. 江崎, "インターネットの将来像", 電子情報通信学会誌, 技術解説論文, 2001年2月
  49. 神明, 山本, 萩野, 江崎, 村井, "KAMEプロジェクトによるIPv6基本ソフトウェア開発", 情報処理学会誌41巻12号, pp.1367-1372, 2000年12月
  50. 江崎, "IPv6技術の動向と広域実験状況", 電子情報通信学会 学会誌, Vol.83, No.4, pp.280-285, 2000年4月
  51. 江崎, "IETFって何?", 情報処理学会誌, 41巻4号, 2000年4月

International conference

  1. Manabu Tsukada, Keiko Ogawa, Masahiro Ikeda, Takuro Sone, Kenta Niwa, Shoichiro Saito, Takashi Kasuya, Hideki Sunahara, Hiroshi Esaki, gSoftware Defined Media: Virtualization of Audio-Visual Servicesh, IEEE ICC 2017 Communication Software, Services and Multimedia Applications Symposium, Paris, May 2017. (to be appear)
  2. Satoru Kobayashi, Kensuke Fukuda, Hiroshi Esaki, gCausation mining in network logsh, ACM SIGCOMM CoNEXT, Student Workshop, Irvine, California, USA, December 2016.
  3. Yu Komohara, Satoru Kobayashi, Hideya Ochiai, Hiroshi Esaki, gApplication of Change Point Detection to System Logs for Fault Detectionh, ACM SIGCOMM CoNEXT, Student Workshop (Poster Session), Irvine, California, USA, December 2016.
  4. Ryo Nakamura, Yohei Kuga, Yuji Sekiya, Hiroshi Esaki, gProtocol ?Independent FIB Architecture for Network Overlaysh, 7th ACM SIGOPS Asia-Pacific Workshop on System (APSys 2016), Hong Kong, August 2016.
  5. Tomoya.Kitazato, Manabu Tsukada, Hideya Ochiai, Hiroshi Esaki, gProxy Cooperative Awareness Message: An Infrastructure-Assisted V2V Messagingh, 9th International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU 2016), Kaiserslautern, Germany, October 2016.
  6. Ye Tao, Xin Li, Manabu Tsukada, Hiroshi Esaki, gDUPE: Duplicated Unicast Packet Encapsulation in Position-Based Routing VANETh, IEEE 9th IFIP Wireless and Mobile Networking Conference (WMNC 2016), Colmar, France, July 2016.
  7. Ryo Nakamura, Y.Kuga, Y.Sekiya, H.Esaki, gProtocol Independent NIC Offloading for Overlay Networksh, ACM SIGCOMM CoNEXT 2015 Student Workshop, Heidelberg, Germany, December 2015.
  8. H.Ikegami, M.Tsukada, H.Ochiai, H.Nii, H.Esaki, "Electronic Current Based Power Line Communication for Plug-Load Device Auto Identification", IEEE International Conference on Smart Grid Communications (SmartGridComm) 2015, Miami, Florida, USA, November 2015.
  9. Hoan Tran Quoc, Hideya Ochiai, Hiroshi Esaki, gHidden Topics Modeling Approach for Review Quality Prediction and Classificationh, IEEE 7th International Conference on Soft Computing and Pattern Recognition (SoCPaR 2015), Fukuoka, Japan, November 2015.
  10. Ayumu Hirata, Daisuke Miyamotom Masaya Nakayama, Hiroshi Esaki, gINTERCEPT+: SDN Support for Live Migration-based Honeypotsh, 4th International Workshop on Building Analysis Datasets and Gathering Experience Returns for Security (BADGERS 2015), Kyoto, Japan, November 2015.
  11. H.Ikegami, R.V.P.Yerra, P.Rajalakshmi, H.Esaki, "Real time Power Capping with Smart Circuit Breaker to maximize Power Utilization of Local Generator", IEEE BIOT 2015 (2nd IEEE International  Workshop on Big Data Management for the Internet of Things), Taichung, Taiwan, July 2015.
  12. Ye Tao, M.Tsukada, Xin Li, M.Kakiuchi, H.Esaki, "Reproducing and Extending Real Testbed Evaluation of GeoNetworking Implementation in Simulated Networks", 10th International Conference on Future Internet (CFI) 2015, In-Cooperation with ACM SIGCOMM, Seoul, Korea, June 2015.
  13. Ryo Nakamura, Yuji Sekiya, Hiroshi Esaki, "Layer 3 Multipathing in Commodity based Data Center Networks", 18th Global Internet Symposium (GI 2015), In conjunction with IEEE INFOCOM 2015, Hong Kong, April 2015.
  14. H.Ochiai, H.Nakagami, Y.Teranishi, H.Esakiu, "Facility Networking with IP over RS485: Control for Master-Slave Cascaded Networks", IEEE SmartGridComm 2014, Venice, Italy, November 2014.
  15. Manussanun Buranachokphaisan, Hideya Ochiai, Hiroshi Esaki, "Unidirectional Link-Aware DTN-based Sennsor Network in Building Monitoring Scenario", Poster Session, Wireless days 2014, Rio de Janeiro, Brazil, November 2014.
  16. Manussanun Buranachokphaisan, Hideya Ochiai, Hiroshi Esaki, "FAST-DTN: Farther-Aim-Shorter-Try Disruption Tolerant Network for Building Monitoring Applications", 2014 IEEE Conference on Wireless Sensors (ICWiSe 2014), Kuala Lumpur, October 2014.
  17. H.Ochiai,M.Yamanouchi, Y.K.Reddy, H.Esaki, "City-Scale Weather Monitoring with Campus Networks for Disaster Management: Case Study in Hyderabad", W9-B3, TIME-E 2014 (The 2nd International Conference on Technology, Informatics, Management, Engineering and Environment), Bandung, Indonesia, Aug.2014. 
  18. H.Ochiai, H.Nakagami, Y.Teranishi, H.Esaki, "Facility Information Management on HBase: Large-Scale Storage for Time-Series Data", IEEE COMPSAC2014 International Workshop on Big Data Magagement for the Internet of Things, Vastras, Sweden, July 2014.
  19. Ikuo Nakagawa, Masahiro Hiji, Hiroshi Esaki, "Dripcast - server-less Java programming framework for billions of IoT devices", IEEE COMPSAC2014 International Workshop on Big Data Magagement for the Internet of Things, Vastras, Sweden, July 2014.
  20. Satoru Kobayashi, Kensuke Fukuda, Hiroshi Esaki, "Towards an NLP-based log template generation algorithm for system log analysis", Proceedings CFI2014 (The Ninth International Conference on Future Internet Technologies), Tokyo, Japan, June 2014.
  21. R.Nakamura, K.Okada, Y.Sekiya, H.Esaki, "ovstack: A Protocol Stack of Common Data Plane for Overlay Networks", IEEE/IFIP International Workshop on SDN Management and Orchestration (SDNMO 2014), Krakow, Poland, May 9th, 2014.
  22. Hiroshi Esaki, "Data Center Networks and Network Architecture", invited paper, SPIE Photonic West, OPTO 9010-2, San Francisco, CA, USA, February 2014.
  23. Hideya Ochiai, Yuuicih Teranishi, Hiroshi Esaki, "InNetTC: In-Network Traffic Control for Full IP Sensor-Actuator Networks", ACM IMCOM (ICUIMC; International Conference on Ubiquitous Information management and Communication) 2014, Siem Reap, Cambodia, January 2014.
  24. Youngjoon Won, Romain Fontugne, Kenjiro Cho, Hiroshi Esaki, Kensuke Fukuda, "Nine Years of Observing Traffic Anomalies: Trending Analysis in Backbone Networks", Mini Conference, IFIP/IEEE International Symposium on Integrated Network Management, Ghent, Belgium, May 27-31, 2013.
  25. Hirochika Asai, Kensuke Fukuda, Hiroshi Esaki, "Social Benchmarking of QoS & QoE in Cellular Data Networks", 2013 Annual IEEE CQR (Communications Quality and Reliability) International Workshop, Marco Island, USA, May 14-16, 2013.
  26. Romain Fontugne, Nicolas Tremblay, Pierre Borgnat, Patrick Flandrin, Hiroshi Esaki, "Mining Anomalous Electricity Consumption Using Ensemble Empitical Mode Decomposition", IEEE 38th International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP), Vancouver, Canada, May 26-31, 2013.
  27. Ryo Nakamura, Yuji Sekiya and Hiroshi Esaki, "Implementation and Operation of User Defined Network on IaaS Clouds using Layer 3 Overlay", 3rd International Conference on Cloud Cimputing and Service Science (CLOSER 2013), Poster Session, Aachen, Germany, May 2013.
  28. Romain Fontugne, Jorge Ortiz, Nicolas Tremblay, Pierre Borgnat, Patrick Flandrin, Kensuke Fukuda, David Culler, Hiroshi Esaki, "Strip, Bind and Search: A Method for Identifying Abnormal Energy Consumption in Buildings",  The 12th ACM/IEEE Conference on Information Processing in Sensor Networks (IPSN), Philadelphia, USA, April 8-11, 2013.
  29. Yutaro Mishima, Kensuke Fukuda, Hiroshi Esaki, "An Analysis of Players and Bots in MMORPG", 27th IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applivation (AINA), Barcerona, Spain, March 25-28, 2013.
  30. Romain Fontugne, Jorge Ortiz, David Culler and Hiroshi Esaki, "Empirical Mode Decomposition for Intrinsic-Relationship Extraction in Large Sensor", First International Workshop on Internet of Things Applications (IoT-App), IEEE/ACM CPS Week 2012 BEIJING, April 2012.
  31. Hirochika Asai, Kensuke Fukuda, Hiroshi Esaki, "Traffic Causality Graphs: Profiling Network Applications through Temporal and Spatial Causality of Flows", IEEE/ACM The 23rd International Teletraffic Congress (ITC2011), San Francisco, September 2011.
  32. Luciano Aparicio, Rodney Van Meter, Hiroshi Esaki, "Protocol Design for Quantum Repeater Networks", ACM AINTEC(Asian Internet Engineering Conference) 2011, Bangkok, Thailand, November 2011.
  33. Hiroshi Esaki, Hideya Ochiai, "GUTP and IEEE1888 for Smart Facility Systems using Internet Architecture Framework", 1st IEEE Workshop on Holistic Building Intelligence through Sensing Systems (HOBSENSE), cooperating with IEEE DCOSS, Barcelona, Spain, June 2011.
  34. Hideya Ochiai, Masaya Nakayama, Hiroshi Esaki, "Hop-by-Hop Reliable, Parallel Message Propagation for Intermittently-Connected Mesh Networks", IEEE Internatoinal Symposium on a World of Wireless Mobile Multimedia Networks (WoWMoM) 2011, Lucca, Italy, June 2011.
  35. Hideya Ochiai, Masahiro Ishiyama, Tsuyoshi Momode, Noriaki Fujiwara, Kosuke Ito, Hirohito Inagakim Akira Nakagawa, Hiroshi Esaki, "FIAP: Facility Information Access Protocol for Data-Centric Building Automation Systems", Workshop on Machine-to-Machine Communications and Networking (M2MCN) 2011, IEEE INFOCOM2011, Shanghai, April 2011.
  36. T. Silverston, O. Fourmaux, K. Salamatian, K. Cho On Fairness and Locality in P2P-TV through Large-Scale Measurement Experiment IEEE Globecom 2010 - Symposium on Communications QoS, Reliability and Modelling December 6-10, 2010, Miami, Florida, USA
  37. Hirochika Asai, Hiroshi Esaki, "Towards Interdomain Transit Traffic Reduction in Peer-assisted Content Delivery Networks," 14th International Telecommunications Network Strategy and Planning Symposium, Warsaw, Poland, Sep., 2010 (to appear)
  38. Hirochika Asai, Hiroshi Esaki, "Estimating AS Relationships for Application-Layer Traffic Optimization," 3rd Workshop on Economic Traffic Management, Amsterdam, The Netherlands, Sep., 2010 (to appear)
  39. Leela-amornsin Lertluck, Hiroshi Esaki, "Heuristic Congestion Control for Message Deletion in Delay Tolerant Network", the 10th International Conference on Next Generation Wired/Wireless Networking NEW2AN 2010, Russia, August, 2010.
  40. T. Silverston, O. Fourmaux, K. Salamatian, K. Cho 2nd International Workshop on IPTV Technologies and Multidisciplinary Applications Co-Located with IEEE International Conference on Multimedia & Expo (ICME 2010) July 19-23, 2010, Singapore
  41. Kaveevivitchai Sathita, Hideya Ochiai, Hiroshi Esaki, "Message Deletion and Mobility Patterns for Efficient Message Delivery in DTNs", PerCom 2010 (Eighth Annual IEEE International Conference on Pervasive Computing and Communications), Mannheim, Germany, March 29 - April 2, 2010.
  42. H.Ochiai, K.Shimotada and H.Esaki, "DTIPN: Delay Tolerant IP Networking for Opportunistic Network Applications", ACM MobiOpp, Italy, February, 2010.
  43. H.Ochiai, N.Fujiwara and H.Esaki, "Green UT Energy-Aware Facility Networking: a Challenge to Standardization of Architecture and its Protocol", ECODESIGN, Japan, December, 2009.
  44. H.Shimonishi, H.Ochiai, N.Enomoto and A.Iwata, "Building Hierachical Switch Network Using Openflow", International Workshop on Information Network Design (WIND), Spain, November, 2009.
  45. H.Ochiai, K.Shimotada and H.Esaki, "IP over DTN: Large-Delay Asynchronous Packet Delivery in the Internet", IEEE ICUMT, Russia, October, 2009.
  46. Hirochika Asai, Hiroshi Esaki, "AURORA: Autonomous System Relationships-aware Overlay Routing Architecture in P2P CDNs," Asia Future Internet summer school, Jeju, Korea, Aug., 2009
  47. H.Ochiai and H.Esaki, "Toward Open Facility Networking: Semantics Management for Higher-Level Interoperability", Asia Future Internet, Korea, August, 2009.
  48. Kaveevivitchai Sathita, Hideya Ochiai, Hiroshi Esaki, "RainWatch Project: Location-Awared Realtime Detection and Notification of Rain on Internet-Based Sensor Network", IEEE/IPSJ SAINT2009, Seattle, USA, July 2009.
  49. Elyes Ben Hamida, Hideya Ochiai, Hiroshi Esaki, Pierre Borgnat, Patrice Abry and Eric Fluery, "Measurement Analysis of the Live E! Sensor Network: Spatial-Temporal Correlations and Data Aggregation", IEEE/IPSJ SAINT workshop, USA, July, 2009.
  50. A.Sugiyama, H.Ochiai and H.Esaki, "CCDM: Central Controller-Based Device Management Architecture and Method to Split Management Scripts", IEEE/IPSJ SAINT workshop, USA, July, 2009.
  51. H.Ochiai and H.Esaki, "Message Routing on Potential-Fields in Forwarding-Based DTNs", ACM ICUIMC, Korea, January, 2009.
  52. Yosuke Himura, Kensuke Fukuda, Kenjiro Cho and Hiroshi Esaki, "An Automaic and Dynamic Parameter Tuning of a Statistics-based Anomaly Detection Algorithm", IEEE ICC 2009 CISS, pp. xx-xx+5, Dresden, Germany, June 2009
  53. Kaoru YOSHIDA, Yutaka KIKUCHI, Masateru YAMAMOTO, Yoriko FUJII, Ken'ichi Nagami, Ikuo NAKAGAWA and Hiroshi ESAK, "Inferring POP-level ISP Topology through End-to-End Delay Measurement", 10th Passive and Active Measurement Conference, April, 2009 (to appear)
  54. Yosuke Himura, Kensuke Fukuda, Kenjiro Cho and Hiroshi Esaki, "Quantifying Host-based Application Traffic with Multi-Scale Gamma Model", PAM2009 Student Workshop, Seoul, South Korea, April, 2009
  55. Kenjiro Cho, Kensuke Fukuda, Hiroshi Esaki, Akira Kato, "Observing Slow Crustal Movement in Residential User Traffic", ACM SOGCOMM, CoNEXT(International Conference of emerging Networking EXeriments and Technologies), Madrid, Spain, December 2008
  56. S.Fujita, T.Yasumoto, H.Esaki, "On Seamless Connectivity over Multi-Radio and Multi-Channel Wireless Mesh Networks", ACM SOGCOMM, CoNEXT(International Conference of emerging Networking EXeriments and Technologies), Madrid, Spain, December 2008
  57. H.Ochiai, H.Esaki, "Mobility Entropy and Message Routing in Community-Structured Delay Tolerant Networks", ACM SIGCOMM, Asian Internet Engineering Conference (AINTEC) 2008, Bangkok, Thailand, November 2008
  58. H.Ochiai, H.Esaki, "Accuracy-Based Cache Consistency Management for Numerical Object Replication", IEEE/IPSJ SAINT2008, Turuk, Finnland, August 2008
  59. S. Fujita and H. Esaki, "OMNI: an Overlay Mobile ad-hoc Network at the edge of the Internet", In Proceedings of 3rd International Conference on Future Internet Technologies (CFI08), June, 2008
  60. Kaoru YOSHIDA, Hiroshi ESAKI, "A Trend Analysis of Latency and Packet Loss in Broadband Internet Environment through End Customers' View", GCOE21 WS, December, 2007
  61. H.Esaki, H.Sunahara, "Live E! Project; Sensing the Earth with Internet Weather Stations", IEEE/IPSJ SAINT2007, Hiroshima, Japan, Jan. 2007
  62. Hideya Ochiai, Zhiyong Wang, Ryo Oguchi, Tetsuhiro Sugiyama, Yusuke Sakamoto, Shinichi Ishida, Hiroshi Esaki. "Application of Content-Based Network for Sensor Data Distribution System", IEEE/IPSJ SAINT2007 Workshop on Practical Applications of Sensor Networking, Hiroshima, Japan, Jan. 2007
  63. Hideya Ochiai, Hiroshi Esaki, "Architecture of Scalable Embedded Device Management System with Configurable Plug-In Translator", IEEE/IPSJ SAINT2007 Workshop on Practical Applications of Sensor Networking, Hiroshima, Japan, Jan. 2007
  64. N.Okabe, S.Sakane, A.Inoue, H.Esaki, "Secure Plug and Play Architecture for Field Devices", 5th International IEEE Conference on Industrial Informatics, INDIN2007, Austria, July 2007
  65. H.Esaki, H.Sunahara, "Live E! Project; Sensing the Earth with Internet Weather Stations", IEEE/IPSJ SAINT2007, Jan. 2007
  66. H.Ochiai, Z.Wang, R.Oguchi, T.Sugiyama, Y.Sakamoto, S.Ishida, H.Esaki. "Application of Content-Based Network for Sensor Data Distribution System", IEEE/IPSJ SAINT2007 Workshop, Jan.2007
  67. H.Ochiai, H.Esaki, "Architecture of Scalable Embedded Device Management System with Configurable Plug-In Translator", IEEE/IPSJ SAINT2007 Workshop, Jan.2007
  68. S.Matsuura, H.Ishizuka, H.Ochiai, S.Doi, S.Ishida, M.Nakayama, H. Esaki, H.Sunahara, "Live E! Project: establishment of infrastructure sharing environmental information", IEEE/IPSJ SAINT2007 Workshop, Jan.2007
  69. M.Nakayama, S.Matsuura, H.Esaki, H.Sunahara, "Live E! Project: Sensing the Earth", Lecture Notes in Computer Science, Springer, ISSN 0302-9743, Vol.4311/2006, Technologies for Advanced Heterogeneous Networks II, pp. 61-74, Dec.2006
  70. Vidhyashankar Venkatraman, Kaoru Yoshida, Paul Francis, "Chunkyspread: Heterogeneous Unstructured End System Multicast," The 14th IEEE International Conference on Network Protocols, Nov. 2006
  71. Xinyang Zhang, Paul Francis, Jia Wang, Kaoru Yoshida, "Scaling Global IP Routing with the Core Router-Integrated Overlay," The 14th IEEE International Conference on Network Protocols, Nov. 2006
  72. S.Fujita, H.Ochiai, H.Esaki, "Cooperative Log-Taking Support System Exploiting RFID and Web2.0 Technologies", (in Japanese), JSST 14th Workshop on Interactive Systems and Software (WISS 2006), Iwate, Japan, December 2006
  73. H.Esaki, A.Kato, J.Murai, "IPv6 R&D Activities in WIDE Project", IEEE/IPSJ SAINT2006, Workshop on IPv6 and Applications, January 2006
  74. Hiroshi Esaki, "Overlay Networking Architecture", NiCT The International Symposium on Photonics and Advanced Networks (ISPAN 2006), Tokyo, January 2006
  75. Y.Kanaumi, I.Yamauchi, T.Miyake, K.Kobayashi, H.Esaki, "JGNII (Japan Gigabit Network II", IEEE/IPSJ SAINT2006, Workshop on IPv6 and Applications, January 2006
  76. Hiroshi Esaki, Hiroki Kan, "Dynamic Traffic Load Balancing Mechanism for SHAKE Architecture", IEEE WirelessComm2005, June 2005
  77. I.Yamanouchi, T.Yamauchi, T.Miyake, JShimada, Y.Mikamo, K.Kobayashi, H.Esaki, "JGN II (Japan Gigabit Network II)", Workshop on IPv6 and Application at IEEE/IPSJ SAINT2005, February 2005
  78. Satoshi Uda, Nobuo Ogashiwa, Kenichi Nagami, Kuniaki Kondo, Ikuo Nakagawa, Yoichi Shinoda, Hiroshi Esaki, "Design and Implementation of Overlaying Multi-Homing Architecture", Workshop on IPv6 and Applications, pp.165-172, February 2004
  79. Mitsuru Kanda, Kazunori Miyazawa, Hiroshi Esaki "USAGI IPv6 IPsec Development for Linux", IEEE/IPSJ SAINT 2004, Workshop on IPv6 and Applications, pp.159-164, February 2004
  80. Yukiji Mikamo, Hisayoshi Hayashi, Takashi Miyake, Satoshi Katsuno, Kazumasa Kobayashi, Hiroshi Esaki, "An Evaluation of IPv6 Multicast Router in JGN IPv6 Networks", IEEE/IPSJ SAINT 2004, Workshop on IPv6 and Applications, pp.146-152, February 2004
  81. Hiroshi Esaki, "Multi-Homing and Multi-Path Architecture Using Mobile IP and NEMO Framework", p.6, IEEE/IPSJ SAINT2004, Tokyo, January 2004
  82. Y.Mikamo, H.Hayashi, T.Miyake, S.Katsuno, K.Kobayashi, H.Esakil, "An Evaluation of IPv6 Multicast Router in JGN IPv6 Networks", IPv6 and its Application Workshop, IEEE/IPSJ SAINT2004, Jan.2004
  83. H.Esaki, "Multi-Hpming and Multi-Path Architecture Using Mobile IP and NEMO Framework", IEEE/IPSJ SAINT2004, Jan.2004
  84. M.Kanda, K.Miyazawa, H.Esaki, "USAGI IPv6 IPSec Development for Linux", IPv6 and its Application Workshop, IEEE/IPSJ SAINT2004, Jan.2004
  85. S.Uda, N.Ogashiwa, K.Nagami, K.Kondo, I.Nakagawa, Y.Shinoda, H.Esaki, "Design and Implementaiton of Overlaying Multi-Homing Architecture", IPv6 and its Application Workshop, IEEE/IPSJ SAINT2004, Jan.2004
  86. S. Sakane, N. Okabe, K. Kameda and H. Esaki, "Applying Kerberos to the communication environment for information appliances", IEEE/IPSJ SAINT2003, Workshop on IPv6 and Applications, pp.214-217, January 2003
  87. H.Esaki, A.Kato, J.Murai, "R&D Activities and Testbed Operation in WIDE Project", IEEE/IPSJ SAINT2003, Workshop on IPv6 and Applications, pp.172-177, January 2003
  88. Kazumasa Kobayashi, Kazuhiko Nakamura, Hisayoshi Hayashi, Yoshinori Kitatsuji, Satoshi Katsuno, Yukiji Mikamo, Akihiko Machizawa, Hiroshi Esaki, "JGN IPv6 Network", IEEE/IPSJ SAINT2003, Workshop on IPv6 and Applications, pp.161-166, January 2003
  89. S.Katsuno, T.Kubo, K.yamazaki, H.Esaki, "Measurement and Analysis of Multimedia Application and IPv6 ADSL Internet Access Network", IEEE/IPSJ SAINT2003, pp.402-405, January 2003
  90. K.Nagahashi, H.Esaki, J.Murai, "BGP Integrity Check for the Conflict Origin AS Prefix in the Inter-domain Routing", IEEE/IPSJ SAINT2003, pp.276-282, January 2003
  91. K.Nagahashi, H.Esaki, "BGP Integrity Check for the Conflict Origin AS Prefix in the Inter-Domain Routing", IEEE/IPSJ SAINT2003, Feb.2003
  92. S.Katsuno, K.Yamazaki, H.Esaki, et.al, "Measurement and Analysis of Multimedia Applications and IPv6 ADSL Internet Access Network", IEEE/IPSJ SAINT2003, Feb.2003
  93. H.Esaki, A.Kato, J.Murai, "R&D Activities and Testbed Operation in WIDE Project", IEEE/IPSJ SAINT2003 Workshop on IPv6 and Applications, Feb.2003
  94. Ikuo Nakagawa, Hiroshi Esaki, Kenichi Nagami, "A Next Generation IX Architecture using MPLS", IEEE/IPSJ SAINT2003, pp.238-245, Nara, January 2002
  95. H.Esaki, "QoS Awared Network Development and Deployment in WIDE/JB Project", (On-line Journal), INET2000, July 2000
  96. S.Ariga, K.Nagahashi, M.Minami, H.Esaki, J.Murai, "Performance Evaluation of Data Transmission Using IPSec over IPv6 Networks", INET2000, (On-line Journal), July 2000
  97. M.Minami, K.Nagahashi, A.Kato, Y.Kadobayashi, M.Oe, H.Esaki, J.Murai, "JB: Advanced IP Version 6 Research and Education Network", INET2000, (On-line Journal), July 2000
  98. S.Ariga, K. Nagahashi, M.Minami, H.Esaki, J.Murai, "Performance Evaluation of Data Transmission using IPSec over IPv6 Networks", INET2000, On-Line Proceedings, July 2000
  99. M.Minami, K.Nagahashi, A.Kato, Y.Kadobayashi, M.Oe, H.Esaki, J.Murai, "Project JB: Advanved IP Version 6 Research and Educational Network", INET2000, On-Line Proceedings, July 2000
  100. K.Nagahashi, H.Esaki, J.Murai, "The evaluation of high speed multicast data transmission overIPv6 networks", INET2000, On-Line Proceedings, July 2000
  101. K.Nagahashi, H.Esaki, J.Murai, "The Evaluation of High-Speed Multicast Data Transmission over IPv6 Network", INET2000, (On-line Journal), July 2000
  102. M.Minami, M.Oe, K.Okamura, Y.Kadobayashi, A.Ogawa, K.Nagahashi, H.Esaki; "JB: Design and Architecture of Next Generation Internet Infrastructure in Japan", ICCC99, (CD-ROM Version Only), Tokyo, September 1999
  103. K.Nagami, H.Esaki, H.Imaizumi, O.Nakamura, "Evaluation of label mapping policy for aggregated packet flow in label switching network", INET99, (On-Line Journal), June 1999
  104. K.Nagami, H.Esaki, H.Imaizumi, O.Nakamura; "Evaluation of label mapping policy for aggregated packet flow in label switching network", INET99, (On-line Journal), San Jose, June 1999
  105. K.Nagami, H.Esaki, O.Nakamura, H.Imaizumi ; "Flow Aggregated Traffic-Driven Label Mapping in LSR Network", SPIE Symposium '98, Vol.3529, pp.365-373, Boston, Nov. 1998
  106. H.Esaki, "Evaluation of Flow Aggregated Traffic Driven Label Mapping Policy in MPLS System", MPLS International Workshop, November, 1998
  107. S.Mastuzawa, H.Esaki, A.Mogi, K.Nagami, T.Jinmei, T.Kon’no, Y.Katsube, "Label Switch Router Supporting ATM and SONET Interfaces – CSR; Cell Switch Router –", ICT(International Conference On Telecommunications) ’98, Greece, June 1998
  108. H.Esaki, "Cell Switch Router - label switch router supporting SONET and ATM interfaces –", NGN'97 (Next Generation Networks), Washington DC, November 1997
  109. G.Carle, A.Guha, T.Dwight, K.Tsunoda, K.Kumiko, H.Esaki, "A Cell-Level Forward Error Correction Scheme (FEC-SSCS) for ATM Networks", ICCC'97 (International Conference on Computer Communications), pp.533-541, Cannes, France, November 1997
  110. H.Esaki, S.Matsuzawa, A.Mogi, K.Nagami, T.Jinmei, T.Kon'no, Y.Katsube, "Cell Switch Router (CSR) - label switching router supporting standard ATM interfaces –", SPIE Photonics East '97 Symposium, Vol.3233, pp.2-10, Dallas, October, 1997
  111. B.Weise, J.Mark, L.Roth, R.Smirnov, M.Tieman, H.Esaki, "CSR Testing: experiences with interoperability and performance", IEEE LANMAN’98 Workshop, May 1998
  112. H.Esaki, "Cell Switch Router Architecture", OpenSig'97 Spring Workshop, Cambridge(UK), April 1997
  113. Kumiko Kanai, Reto Grueter, Keiji Tsunoda, Takeshi Saito, Hiroshi Esaki: "Forward Error Correction Control on AAL5; FEC-SSCS", IEEE International Conference on Communications 1996 (ICC'96), pp.384-391, June, 1996
  114. Yasuhiro Katsube, Ken-ichi Nagami, Hiroshi Esaki: "Cell Switch Router - Basic Concept and Migration Scenario -", Networld+Interop'96 Engineer Conference, April, 1996
  115. Katsumi Yamato, Hiroshi Esaki : "Dynamic UPC/NPC for Provision of Best Effort Service", ITU-T TELECOM95 Technology Summit, Session No.5.5, October, 1995
  116. Hiroshi Esaki: "High Speed IP Packet Forwarding over Internet using ATM Technology", Conference on Emerging High-Speed Local-Area Networks and Wide-Area Networks, SPIE Photonics East'95 Symposium, Vol.2608, pp.44-52, October, 1995
  117. Hiroshi Esaki, Masataka Ohta, Ken-ichi Nagami: "High Speed Datagram Delivery over Internet using ATM Technology", Networld+Interop'95 Engineer Conference, pp.1-9, EN12, March, 1995
  118. Hiroshi Esaki, Yoshiyuki Tsuda, Takeshi Saito, Shigeyasu Natsubori: "Class D Service Architecture in an ATM-Internet", IEEE International Conference on Communications 1994 (ICC'94), pp.1312-1318, May, 1994
  119. Hiroshi Esaki, "Call Admission Control Method in ATM Networks", IEEE International Conference on Communications 1992 (ICC'92), 354.4, pp.1628-1633, June, 1992
  120. Hiroshi Esaki, Kazuaki Iwamura, Toshikazu Kodama, "A Simple and Effective Admission Control Method for an ATM Network", IEEE Global Telecommunications Conference 1990 (GLOBECOM'90), 300.5, pp.28-33, December, 1990

Domestic conference

  1. H.Ochiai, S.Kimura, S.Matsuura, H.Sunahara, H.Fukuhara and H.Esaki, "Content-Based Networkにおけるデータ処理コンポーネント最適配置問題", in Japanese, IPSJ Technical Report, IPSJ_DPS139-12, Shizuoka, Japan, June, 2009.
  2. 浅井大史, 江崎浩, "固有値解析を用いたAS間接続関係の数値評価手法の提案," 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.108 No.460, pp.271-275 (IA2008-113), 熊本, 2009年3月
  3. 杉田,江崎, "ファイルシステムを用いたアプリケーション起動時間の短縮を目的とする配布システムの提案と実装", JSSST WIT2009, 2009年6月
  4. H. Asai, E. Hiroshi, "A Methodology for Magnitude-based Inter-AS Distance Estimation", JSSST WIT2009, June, 2009
  5. H.Ochiai and H.Esaki, "Topology Change Tolerant Routing for Delay Tolerant Networks", IPSJ DICOMO(in Japanese), pp. 932--943, Hokkaido, Japan, July, 2008
  6. S.Fujita, H.Esaki, "ATMOS: A middleware for Transparent MObile ad-hoc networking Systems", (in Japanese), IPSJ DICOMO2008, Sapporo (Japan), July 2008
  7. 肥村, 福田, 長, 江崎, "スケッチおよびガンマ関数モデルを用いたインターネットトラフィック異常検出アルゴリズムの性能評価と最適化", JSSST WIT2008, June, 2008
  8. 浅井, 江崎, "マルチドメインP2P型CDNにおける経路制御アーキテクチャの提案と評価", インターネットコンファレンス2008, pp.78-84, 2008年10月
  9. 藤田,安本,江崎,"リアクティブ型アドホックルーティングにおけるフラッディング自己最適化手法", IPSJ第43回モバイルコンピューティングとユビキタス通信, 2007年11月
  10. 松浦, 洞井, 落合, 石塚, 江崎, 砂原,"Live E!:センサストリーム制御機構および地理位置に基づくオーバレイネットワークを利用したセンサ情報共有基盤の構築", 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル (DICOMO2007) シンポジウム,pp.1161-1167, 2007年7月
  11. 落合, 松浦, 砂原, 江崎, "センサデータアップロードストリームの集中管理アーキテクチャ", 第8回インターネットテクノロジー・ワークショップ 日本ソフトウェア科学会, pp.90-96, 2007年6月
  12. 菊池, 石原, 永見, 楠田, 菱岡, 西内, 羽田, 池田, 水村, 正岡, 中川, 江崎, "MPLS-IXアーキテクチャを実現するための異機種ルータの相互接続試験活動", 第8回インターネットテクノロジーワークショッププログラム(WIT20007), 2007年6月
  13. S.Fujita, H.Ochiai, H.Esaki, "Cooperative Log-Taking Support System Exploiting RFID and Web2.0 Technologies", 日本ソフトウェア学会 ISS研究会 WISS2006, 2006年12月
  14. H.Yoshifuji, K.Miyazawa, M.Nakamura, Y.Sekiya, H.Esaki, J.Murai, " Linux Ipv6 Stack Implementation Based on Serialized Data State Processing", Internet Conference 2003, 2003年10月
  15. 宇多, 小柏, 永見, 近藤, 中川, 江崎, " 新しいマルチホームアーキテクチャの提案", DICOMO2003, 2003年2月
  16. 有賀征璽, 南政樹, 江崎浩: "IP Security ソフトウェア処理の性能評価", インターネットコンファレンス’99論文集, pp.57-66, 1999年12月.
  17. 金井, 松澤, 角田, 江崎, "IPレベルの前方誤り制御プロトコル(IP-FEC)の実装と評価", インターネットコンファレンス’98, 1998年12月
  18. 永見, 江崎, 勝部, 中村, "ラベルスイッチルータにおける必要ラベル数の評価とフローアグリゲーションの効果", インターネットコンファレンス’98, 1998年12月

Domestic conference

  1. Jiang, 江崎, "A scheme for small Mesh-based live media streaming overlays with online duration awareness", 信学会総合大会, B-16-1, 2009年3月
  2. 杉田, 江崎, "起動時間短縮を目的とするアプリケーション配布機構の検討", 信学会総合大会, B-16-2, 2009年3月
  3. 川上, 江崎, "仮想マシンの分岐複製を用いたプロセスの分散実行環境の構築に向けた一検討", 信学会総合大会, B-16-3, 2009年3月
  4. 橋本, 江崎, "遠隔拠点間ネットワークサービスマイグレーション手法の一提案", 信学会総合大会, B-16-4, 2009年3月
  5. 杉山, 江崎, "CCDM:中央管理手法によるセンサ・アクチュエータ機器管理アーキテクチャの提案", 信学会総合大会, B-16-5, 2009年3月
  6. 平山, 江崎, "非ネットワーク対応ディジタル家電のネットワーク制御手法の一考察", 信学会総合大会, B-16-6, 2009年3月
  7. 肥村, 福田, 長, 江崎, "統計的異常トラフィック検出手法の動的パラメータ最適化に関する研究", 電子情報通信学会 技術研究報告書, Vol. 108, No. 342, pp.121-126, 広島, 2008年12月
  8. 安本, 藤田, 江崎, "パケットモニタリングに基づく無線リンクの品質評価手法を利用したメッシュアクセスポイント配置手法の一検討", 情報処理学会技術研究報告書 MBL 2008(94) pp.9-16, 2008年9月
  9. 田中,江崎,"インターネットへの接続性に依存しないメッセージ交換環境の提案と実装",信学会総合大会, B-7-82,2008年3月
  10. 落合, 杉山, 阪本, 山内, 石塚, 松浦, 砂原, 中山, 江崎, "Live E!広域センサネットワークの運用状況分析 ~ 2008年5月の運用状況~", 信学技報, IA2008-3, pp.11-16, 2008年5月
  11. 山口,江崎,"認証機能を適用した動的IPv6アドレスによる攻撃回避手法の提案と実装", 信学会総合大会,B-16-2,2008年3月
  12. 浅井, 江崎, "マルチドメインP2P型CDNにおける配信経路制御の提案と評価",信学会 総合大会, B-16-13, 2008年3月
  13. 肥村,福田,長,江崎, "スケッチおよびガンマ関数モデルを用いたインターネットトラフィック異常検出アルゴリズムの性能評価",電子情報通信学会 総合大会, B-16-14, 2008年3月
  14. 落合, 松浦, 山内, 砂原, 江崎, "組込みOLSRノードによるIPセンサシステムのMANET実装と検証", 信学会 信学技法(IA2007-26), pp.92-102, 2007年7月
  15. 吉田, 江崎, "サービス指向型ルーティングを目的としたエンドホストへの動的なIPv6割当て手法の提案", 情報処理学会, IOT研究会報告, pp.73-78, Vol.2007, No.72, 2007年7月
  16. 杉山, 落合, 江崎, "センサーネットワークに於けるサーバの負荷容量を考慮したデータ集約の実験と提案", 信学技法, IA2007-36, pp.33-38, 2007年10月
  17. 落合,松浦, 山内, 砂原, 江崎, "組込みOLSRノードによるIP センサシステムのMANET実装と検証", 信学技法, IA2007-26, pp.97-102, 2007年7月
  18. 吉田, 江崎, "サービス指向型ルーティングを目的としたエンドホストへの動的なIPv6割当て手法の提案", 信学技報 IA2007-22,pp.73-78,2007年7月
  19. 落合, 江崎, "広域センサネットワークのセンサプロファイル一貫性保証と相互接続性", 信学技法,IA2007-23, pp.79-84, 2007年7月
  20. 大口, 江崎, "宛先明示型マルチキャストにおける配送順序最適化についての研究",信学会総合大会, B-7-4,2007年3月
  21. 石田,江崎,"オーバーレイマルチキャスト技術を用いた大規模船さ情報配信",信学会総合大会, B-7-100,2007年3月
  22. 杉山,江崎,"転送プロトコルスタックに非依存な機構におけるマルチホームアーキテクチャの提案", 信学会総合大会, B-6-52,2007年3月
  23. 山本,江崎"RPを利用したIPマルチキャストにおけるトラフィックエンジニアリングアーキテクチャ",信学会総合大会,B-6-37, 2007年3月
  24. 阪本, 江崎, "MANET環境における自律的SIP通信アーキテクチャの提案", 信学会 総合大会, B-7-210,2007年3月
  25. 中島, 江崎浩, "レイヤ2転送を用いたレイヤ3アドホックネットワークの構成法", 信学会総合大会, B-6-20, 2007年3月
  26. 江崎,砂原,相原,中山,松本,"Live E!プロジェクト ―ディジタル百葉箱による自律的な気象データの共有―", 信学会 2006年ソサイエティー大会, BS-7-5, 2006年9月
  27. 永見,山森,池田,小野,近藤,江崎,"ユーザ視点からのインターネット計測システムの検討", 信学会ソサイエティ大会, BS-7-1, 2006年9月
  28. 落合,王,大口,杉山,阪本,石田,江崎,"CBNアーキテクチャを適用したセンサデータ配信システム", 信学会ソサイエティ大会, BS-7-3, 2006年9月
  29. 宮田,江崎,"TAHIプロジェクト-IPv6 相互接続性向上に向けた活動-",信学会ソサイエティ大会, BS-8-20, 2006年9月
  30. 山森,大江,江崎,"VoIP/SIP相互接続検証タスクフォースの取り組み",信学会ソサイエティ大会, BS-7-4, 2006年9月
  31. 江崎, "我が国のブロードバンドインターネットの現状と今後", 電子情報通信学会 PN研究会技法, 2005年12月
  32. 江崎浩, 砂原秀樹, "ディジタル百葉箱による自律的な気象データの共有", 空調衛生工学会, October 2005
  33. 安本直史, "無線アドホックネットワーク環境における動的な経路制御手法の提案", 電子情報通信学会 2006年総合大会, A-21-27, 2006年3月
  34. 落合秀也, "大規模小型ノードネットワークにおけるXML翻訳機構の導入", 電子情報通信学会 2006年総合大会, A-21-5, 2006年3月
  35. 田中陽介, 江崎浩, "アドホックネットワーク環境における電子メールサービス提供手法の提案", 電子情報通信学会 2006年総合大会, B-7-80, 2006年3月
  36. 大木裕介, 江崎浩, "マルチホーム接続環境における動的な経路制御手法の提案", 電子情報通信学会 2006年総合大会, B- 6-22, 2006年3月
  37. 長橋, 江崎, "iBGPにおけるルートリフレクターのスケーラビリティに関する研究", 第67回 情報処理学会全国大会, 2005年3月
  38. 葦名,江崎, "ルートリフレクタを用いた大規模IP-VPN網の安定化および負荷軽減手法の一提案", 第67回 情報処理学会全国大会, 2005年3月
  39. 坂巻, 江崎, "エニキャスト技術を用いた広域マルチリンク接続プロバイダにおける経路最適化手法の提案", 第67回 情報処理学会全国大会, 2005年3月
  40. 吉田, 江崎, " OSPFネットワークにおける疑似経路広告手法を用いた動的経路制御手法の提案", 第67回 情報処理学会全国大会, 2005年3月
  41. 石田, 江崎, "エンドホストにおけるパケット処理負荷の計測方法の提案", 第67回 情報処理学会全国大会, 2005年3月
  42. 菅, 江崎, 峰野, 石原, " 通信回線共有方式における動的トラフィック分配方式の提案", 第67回 情報処理学会全国大会, 2005年3月
  43. 藤田, 江崎, " 拡張可能なネットワーク処理を行うオペレーティングシステムアーキテクチャ", 第67回 情報処理学会全国大会, 2005年3月
  44. 山本, 江崎, " パケットフローを利用したマルチキャスト品質測定に関する研究", 第67回 情報処理学会全国大会, 2005年3月
  45. 吉田, 永見, 江崎, "OSPFネットワークにおけるポリシを考慮したコスト再設計に関する研究", 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.103, No.605, pp.49-54, 2004年1月
  46. 吉田、江崎、"OSPFネットワークにおけるトラフィック情報の可視化手法の実装"、 電子情報通信学会 インターネットアーキテクチャ研究会、2003年10月
  47. 宇多、小柏、篠田、永見、近藤、中川、江崎、"多重ルーティング型マルチホームアーキテクチャの提案"、 電子情報通信学会 インターネットアーキテクチャ研究会、2003年10月
  48. Radinal Rachmat、江崎、"A Study on Mobile Multihoming Architecture"、電子情報通信学会 インターネットアーキテクチャ研究会、2003年10月
  49. 丁、江崎、"P2PネットワークシステムFreenetの耐障害性について"、 情報処理学会 全国大会 特別トラック(2)、2003年3月
  50. 由木、江崎、"ピアツーピアアプリケーションにおけるセキュリティーについての研究"、 情報処理学会 全国大会 特別トラック(2)、2003年3月
  51. 金子、江崎、"インスタントメッセージサービスにおける暗号化を用いたセキュリティーの強化に関する研究"、 情報処理学会 全国大会 特別トラック(2)、2003年3月
  52. 吉田、江崎、"大規模なOSPFネットワークにおけるトラフィックエンジニアリングに関する研究"、 情報処理学会 全国大会 特別トラック(2)、2003年3月
  53. 松井、江崎、"AS内部のネットワークの安定性に関する研究"、 情報処理学会 全国大会 特別トラック(2)、2003年3月
  54. 長橋、江崎、村井、"ポリシーコントロールを考慮したPeer-to-Peerアーキテクチャに関する研究"、 情報処理学会 全国大会 特別トラック(2)、2003年3月
  55. 山本、江崎、"アプリケーションレベルの遅延ジッタに注目したトラフィック特性の評価と応用に関する研究"、 情報処理学会 全国大会 特別トラック(2)、2003年3月
  56. R.Rachmat、江崎、"A Study on End-to-End Multihoming in IP version 6 Network"、 情報処理学会 全国大会 特別トラック(2)、2003年3月
  57. 鎌田、坂根、岡部、江崎、"情報家電ネットワークに対するKerberosの適用"、 情報処理学会 全国大会 特別トラック(2)、2003年3月
  58. 江崎浩,"インターネットの最新技術とR&Eネットワークについて"、 天文学会/WIDEプロジェクト、第4回天網の会ワークショップ、2003年1月
  59. 中川、江崎、永見、菊池、"MPLSを用いた分散IXの実現"、 電子情報通信学会 インターネットアーキテクチャ研究会、2001年11月
  60. 松嶋, 中川、永見、江崎、"IX over MPLS"、 電子情報通信学会 インターネットアーキテクチャ研究会、2001年7月
  61. 石山、國司、江崎、寺岡、"IPv6における位置独立プロトコルliN6のマルチホームへの応用"、 電子情報通信学会 インターネットアーキテクチャ研究会、2001年5月
  62. 吉藤, 國武,関谷,山本, 江崎, 村井、"LinuxにおけるIPv6標準対応 -USAGI Projectの取り組み"、 電子情報通信学会 インターネットアーキテクチャ研究会、2001年5月
  63. 江崎、"IPv6技術の現状と次世代インターネットの展望"、 電子情報通信学会 インターネットアーキテクチャ研究会、2001年5月
  64. 江崎浩, "ラベルスイッチ技術の動向", 第3回フォトニックネットワークをベースとする次世代インターネット技術 (PNI) 研究会, 2000年5月
  65. 江崎浩, "ポリシーネットワークが形作るインターネットの未来", 情報処理学会 第3回 HQI (High Quality Internet) 研究会招待講演, 2000年4月
  66. 江崎浩: "マルチメディア通信に向けたインターネット技術の最新動向", 第16回 情報ネットワーク・交換システム研究ワークショップ, pp.52-64, 2000年3月
  67. 永見、今泉、中村、江崎: "OSPFアグリゲーションを用いたラベルスイッチルータにおけるラベル数の評価"、分散システム/インターネット運用技術シンポジウム、1999年2月
  68. 江崎浩、金井久美子、角田啓治: "誤りのない大規模マルチキャストアーキテクチャと前方誤り訂正技術の応用"、電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会、1997年10月
  69. 江崎、松澤、茂木、永見、神明、勝部: "セルスイッチルータ ― アーキテクチャとプロトタイプシステム ―"、SSE96-50、電子情報通信学会 交換システム研究会、1996年8月.
  70. 金井、角田、齋藤、江崎、Grueter, "AAL5上の誤り制御プロトコルとその評価: FEC-SSCS"、IN95-25、電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会、1995年9月
  71. 江崎、齋藤、永見, "ATMネットワークにおける既存LANの収容方法 : ATMフォーラムにおけるLAN Emulation SWGの活動"、IN94-42、電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会、1994年5月
  72. 大和、江崎, "UPC/NPCを利用した輻輳制御方式の検討"、IN94-8、電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会、1994年4月
  73. 齋藤、松澤、江崎, "ATM網におけるインターネットワーキングに関する検討"、IN94-31、電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会、1994年4月
  74. 江崎浩: "ATMインターネットにおけるコネクションレス通信実現法の評価"、IN93-108、電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会、1994年1月.
  75. 江崎、夏堀、齋藤: "ATMインターネットにおけるデータグラム配送法"、IN93-2、電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会、1993年5月.
  76. 江崎、津田、夏堀: "ATM-LANにおけるデータ転送実現法"、IN92-152、電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会、1993年3月.
  77. 江崎、齋藤, "ATM網における高速通信アーキテクチャの検討"、IN92-108、電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会、1993年2月.
  78. 江崎浩, "セル廃棄率を用いたATMルーティング制御法"、IN91-195、電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会、1992年3月
  79. 岩村、勝部、江崎、児玉: "ATM交換網における呼接続制御法の検討"、IN89-42、電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会、1989年7月
  80. 江崎浩, "ATM多重トラヒック特性の計算機シュミレーションによる評価"、IN88-140、電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会、1989年2月
  81. 江崎、神竹, "勝ち残りバスを用いたATM交換機の輻輳制御法の検討"、IN88-40、電子情報通信学会 情報ネットワーク研究会、1988年7月

International standardization

  1. Hirochika Asai, Hiroshi Esaki, Tsuyoshi Momose, "A Solution Approach for AS Relationships-aware Overlay Routing," draft-asai-cross-domain-overlay-00, June 15, 2010, Expires on December 17, 2010
  2. IETF RFC4098, K.Nagami, S.Uda, N.Ogashiwa, H.Esaki, R.Wakikawa, H.Ohnishi, "Multihming for small-scale fixed networks using mobile IP and network mobility(NEMO)", June 2007
  3. IETF RFC3038, K.Nagami, Y.Katsube, N.Demizu, H.Esaki, P.Doolan, VCID Notification over ATM link for LDP, IETF RFC3038, Jan. 2001
  4. K.Yamamoto, K.Cho, Y.Inoue, H.Esaki, H.Atsushi, Y.Atarashi, "IPv6 over Point-to-Point ATM Link", draft-yamamoto-ipv6-over-p2p-atm-01.txt, Feb. 1998
  5. K. Nagami, N. Demizu, H. Esaki, P. Doolan, "VCID Notification over ATM link", draft-nagami-mpls-vcid-atm-00.txt, February 1998 (to be Standard RFC)
  6. N. Demizu, K. Nagami, P. Doolan, H. Esaki, "VCID: Virtual Connection Identifire", draft-demizu-mpls-vcid-01.txt, October 1997
  7. N. Demizu, K. Nagami, P. Doolan, H. Esaki, "VC Pool", draft-demizu-mpls-vcpool-00.txt, October 1997
  8. IETF RFC2129, K.Nagami, Y.Katsube, Y.Shobatake, A.Mogi, S.Matsuzawa, T.Jinmei, H.Esaki, "Toshiba's Flow Attribute Notification Protocol (FANP) Specification", IETF RFC2129, April, 1997
  9. IETF RFC2098, Yasuhiro Katsube, Ken-ichi Nagami, Hiroshi Esaki: "Router Architecture Extensions for ATM : Overview", IETF RFC2098, April, 1997
  10. Yasuhiro Katsube, Ken-ichi Nagami, Hiroshi Esaki, "Router Architecture Extensions for ATM : Overview", IETF Internet-Draft, draft-katsube-router-atm-overview-00.txt, March, 1995
  11. Hiroshi Esaki, Ken-ichi Nagami, Masataka Ohta, "Connection Oriented and Connectionless IP Forwarding Over ATM Networks" IETF Internet-Draft, draft-esaki-co-cl-ip-forw-atm-00.txt, October, 1994
  12. Masataka Ohta, Hiroshi Esaki, Ken-ichi Nagami, "Conventional IP over ATM", IETF Internet-Draft, draft-ohta-ip-over-atm-01.txt, July, 1994

Books

  1. “インターネット・バイ・デザイン”, 江崎(単著)、東京大学出版会, 2016年6月
  2. “デザインする思考力”, 東京大学EMP編、東京大学出版会, 2014年3月
  3. “IEEE1888教科書”, 落合(著)、江崎(監修)、インプレスジャパン、2012年6月
  4. “なぜ東大は30%の節電に成功したか❓”, 幻冬舎新書, 2012年3月
  5. “Broardband Internet Development in Japan”, 江崎(著), 2008年9月
  6. "ネットワーク工学",江崎(単著),数理工学社, 2007年7月
  7. "P2P教科書",江崎(監修),インプレスR&D, 2007年12月
  8. "IPv6時代のインターネットプロトコル詳細", 毎日コミュニケーションズ, 2003年9月, ISBN4-8399-1059-6
  9. "Gigabit Network", Edited by Tadao Saito and Hiroshi Esaki, Advanced Information Technology, Information Processing Society of Japan(IPSJ), ISBN 4 274 90596, ISSN13480513X, Ohmsha, 2003
  10. "IPv6時代のインターネットプロトコル詳細", 毎日コミュニケーションズ, 2003年9月, ISBN4-8399-1059-6
  11. "IPv6教科書", 江崎浩監修, IDG出版, 2002年9月
  12. "MPLS教科書", 江崎浩監修, IDG出版, 2002年7月
  13. 詳説図解IPv6エキスパートガイド, 江崎・関谷・吉藤・石原, 秀和システム, 2002年5月, ISBN4-7980-0313-1
  14. IP/セキュリティー/ネットワーク構築実践ノウハウ, 江崎監修, 2001年9月, IEインスティテュート, ISBN 4-901280-0606
  15. インターネット総論, 小林/江崎 共著, 共立出版, 2002年1月, ISBN4-320-12039-6
  16. "インターネット辞典" , 江崎浩監修, IEインスティテュート社, 2000年12月
  17. "インターネット用語事典", 江崎浩監修, I&E神蔵研究所社, 2000年8月
  18. "ポイント図解式 ギガビット Ethernet教科書", 瀬戸康一郎監修/マルチメディア通信研究会編, アスキー出版, 1999年3月
  19. "ポイント図解式RFC事典", 笠野英松監修/マルチメディア通信研究会編, アスキー出版, 平成1999年2月

Keynote lectures

  1. 江崎, "インターネット技術を用いたセンサ情報共有ネットワークの展開", エネルギー資源学会 特別講演会, 2007年6月
  2. "ユビキタスネットワークにおけるIPv6技術の役割と活用", CIAJセミナー, 2004年8月
  3. "IP技術とFacility Networking", 電気設備学会セミナー, 2004年7月
  4. "グローバル ラムダ R&Dネットワーク", JGN2ワークショップ, 2004年7月
  5. "What is and Why/How we use IP version 6 ?", GAC/ICANN Workshop, 2004年7月
  6. "IPv6 Applications and Services", 基調講演, Global IP Summit Korea, 2004年7月
  7. "IPv6 Applications in Japan", APAN Meeting, July 2004
  8. "IPv6の最新動向", 岡山県IPv6コンソーシアム発足イベント, 2004年5月
  9. "IPv6 Applications and Services", Global IPv6 Summit in Beijing, 2004年4月
  10. "未来の暮らしをのぞいてみませんか?", 北九州市市民講座, 2004年3月
  11. "VoIP技術が切り開く3つのビジネス改革", CIAJセミナー, 2004年3月
  12. "Examining the Economic Challenges and Opportunities of IPv6", IPv6 Launch Event, Brusseles, 2004年1月
  13. "センサネットワーキング ―リアルスペースへの展開―", JSTワークショップ, 2004年1月
  14. "IP version 6 –Strategy and Current Status in Japan -", NGN Conference, Beijing, 2003年11月
  15. "IPv6の現状と今後", IAJapan IPv6仙台サミット, 2003年11月
  16. "IPバージョン6技術の現状と普及への課題", CIAJセミナー, 2003年9月
  17. "超高速インターネット衛星への期待", NASDA WINDSシンポジューム, 2003年9月
  18. "IPv6 Development Toward the Real-Space Internet", 基調講演, IPv6 Asia-Pacific Summit, 2003年7月
  19. H.Esaki, "IPv6 R&D Activity in WIDE Project", IPv6 Summit in Tunisia, April 2003
  20. H.Esaki, "Toward Ultra High Bandwidth Ubiquitous Network Infrastructure", 2003 NAIST COE International Symposium - Ubiquitous Networked Media Computing -, March 2003
  21. "IPv6による次世代インターネットの実現", TACセミナー, 2002年9月
  22. "IPv6の現状と今後の情報技術戦略", JPNIC10周年記念講演, 2002年3月
  23. 江崎, "インターネットシステムの現状と将来", 応用物理学会 応用物理学会スクール, 2001年3月
  24. 江崎, "インターネット技術の現状と今後の展望", 第14回光通信システムシンポジウム(OCS), 2000年12月
  25. "次世代インターネット技術の動向", 電子情報通信学会 光スイッチング研究会, 第3回フォトニックスイッチング ワークショップ, 2000年10月
  26. "WIDEプロジェクト", 北九州情報化シンポジューム, 21世紀の高度情報通信社会構築に向けて, 2000年5月
  27. "ラベルスイッチ技術の動向", 電子情報通信学会 PNI研究会, 2000年5月
  28. "ポリシーネットワークが形作るインターネットの未来", 第2回 WQIシンポジューム, 2000年4月

Misc.

  1. H.Esaki, "Ipv6 Interoperability Development Activity in Japan and the IPv6 Ready Logo Program", IPv6 Summit in Brussles, September 2003.
  2. H.Esaki, "How to Deploy the IPv6", NGN(Next Generation Network) Symposium, Beijing, November 2002
  3. H.Esaki, "R/D/D Status of IPv6 Around Japan", Reneter IPv6 Conference, October 2002
  4. H.Esaki, "IPv6 Tutorial", Taiwan TEEMA Technical Workshop, August 2002
  5. H.Esaki, "Status of Research and Development of IPv6 in WIDE Project", Internet2 Meeting, May 2002
  6. H.Esaki, "Research, Development and Deployment Status of IPv6 around WIDE Project", China IPv6 Global Summit, May 2002.
  7. 江崎浩, "次世代ネットワークを支えるIPv6技術", 第2回組込みシステム開発技術展, 2000年7月
  8. 江崎浩, "ギガビットネットワーク時代のインターネット技術課題", 青森県産業技術開発センター 先端技術研修会, 2000年2月
  9. 江崎浩, "IPv6技術の動向と広域実験状況", 情報処理学会 分散システム/インターネット運用技術シンポジューム2000, 2000年2月
  10. 江崎浩, "IP(Internet Protocol) Version 6 - プロトコルと実装・運用状況 -", Internet Week チュートリアル, 1999年12月
  11. 江崎浩, "JGNを使ったIPv6実験網の構築", IP Meeting 1999, pp.47-52, 1999年12月
  12. 江崎浩, "Project JB", JGN (Japan Gigabit Network) シンポジューム, 1999年11月.
  13. 江崎浩, "ネットワーク/インターネットの動向",CALS/EC Japan 1999, 1999年11月
  14. 江崎浩, "Project JB", 第4回 情報処理学会 高品質インターネット研究グループ研究会, 「我国の次世代インターネットと高速ルータ開発に関するシンポジューム」, 1999年10月
  15. H.Esaki, "Project JB", Internet2 Meeting, October 1999.
  16. H.Esaki, "Project JB", Internet2 Meeting, May 1999
  17. 江崎浩, "次世代ルータ基盤技術-ラベルスイッチ技術と品質制御-", 第2回CSI NOC運用技術講習会, 1999年3月
  18. 江崎浩, "次世代センター基盤技術 –ラベルスイッチ技術と品質制御技術-", 分散システム/インターネット運用技術シンポジューム, 1999年2月
  19. 江崎浩, "高速伝送基盤技術とQoS管理", 情報処理学会連続セミナー’98 「グローバル化, 多様化時代を支える情報システム構築のための最新技術動向と展望」第3回 インターネットを支える最新の技術基盤, 1998年10月.
  20. 江崎浩, "ATMのインターネットサポート技術", ATMセミナー –実用レベルのATM-, ATMフォーラム日本委員会, 1998年7月
  21. 江崎浩, "IPv6, MPLS, Diff-Serv", IAJ主催 第43回IETF報告会, 1998年1月
  22. 江崎浩, "ATMとインターネット", Internet Week チュートリアル, 1997年12月
  23. 江崎浩, "レイヤ3スイッチング技術技術の現状と高速バックボーン", JUS(日本UNIXユーザ会)シンポジューム, 1997年

Ph.D. thesis

  1. 中村 遼 ,”Improving Packet Transport in Virtual Networking by Encapsulation Techniques”, March 2017.
  2. 池上 洋行,“低圧環境における抵抗負荷を用いた電流型電力線通信の研究”, March 2017
  3. 肥村 洋輔,”Unsupervised Structural Pattern Analyses for the Management of Network Traffic and Configurations”, September 2016
  4. 浅井大史, "Analysis and Management of the Internet based on Data Flow Profiling", March, 2013
  5. 吉田 薫, "品質計測・分析に基づいた選択的ルーティングアーキテクチャに関する研究",, January, 2009
  6. 岡部 宣夫, "大規模産業システムにおける Secure Plug and Play アーキテクチャに関する研究", February 2008
  7. 山本 成一, "IP マルチキャストにおけるトラフィックエンジニアリングに関する研究", November 2006
  8. 長橋 賢吾, "Global Routing Information Management for Internet System", February 2005
  9. 吉藤 英明, "IPv6 コアプロトコルスタックに関する研究開発 ーSerialized Data State Processing に基づく設計と実装ー", February 2004

Master's thesis

  1. 平田 歩, “攻撃者の侵入を想定したVMライブマイグレーション型ハニーポットシステムの構築”, February, 2017
  2. 田口 奨也,”Localization and Characterization of Excessive BGP Update Messages”, February, 2017
  3. 小林 敦,”日本語発話音声に対する多重SVMによる強い感情の推定”, February, 2017
  4. 中神 啓貴, “人体の電場伝搬特性を利用した水泳練習における自動計測システムの実践的開発”, February, 2016
  5. 東角 比呂志,”ネットワーク機器のパケットレベルでの動作比較システムの設計と実装”, February, 2016
  6. Tran Quoc Hoan, “Hidden Topic Modeling Approach for Online Review Quality Prediction and Classification”. February, 2016
  7. 田中 晋太朗, “Web ページ表示におけるスクリプト処理に起因するパーサブロック時間の計測手法の提案及び表示高速化ライブラリの設計と実装”, February, 2016
  8. 李 聖年, “WebSocket通信における緊急メッセージの優先配送手法”, February, 2016
  9. 陶 冶, “DUPE: Duplicated Unicasting Packet Encapsulation in Position Based Routing VANET”, February, 2016
  10. 小林 諭, “システムログ解析に基づく異常検出・原因究明技術に関する研究” February, 2015,
  11. Buranachokphaisan Manussanun, “Improving Data Delivery Latency in DTN-based Static Sensor Network”, February, 2016
  12. 大筒 裕之, “赤外線通信を用いた室内マルチホップネットワーク環境の設計と実装”,  February, 2016
  13. 福田 鉄平, “DGA の時間的局所性に基づくDGA 型ボットネット検出システム”,  February, 2016
  14. 池上 洋行 , “電力操作とコンセント電力計測による機器識別子の伝送技術”,  February, 2015
  15. 中村 遼, “オーバーレイネットワークのための汎用的なデータプレーンの設計と実装”,  February, 2015
  16. 林 東權, “無線LAN 基地局間移動モデルに基づくビル内の人数推定技術の提案”,  February, 2015
  17. 高 成源, “多数のセンサーを用いたサッカーにおける運動状態検出システム”,  February, 2015
  18. 美嶋 勇太朗, “MMORPG における、サーバログ解析に基づいたbot 自動検出方式”,  February, 2015
  19. 西田 綾佑, “電力測定値に基づく電子機器の分類とその応用”,  February, 2015
  20. 中村 哲也, “クライアントサイドにおける異なるメディアストリームの再生タイミング同期技術”,  February, 2015
  21. 松田 貴成, “入力データ特性を考慮した商用ビルにおける電力需要予測モデル改善提案と評価”,  February, 2015
  22. 川守田 光昭, “ソーシャルネットワークのためのタイムライン生成API”, September 2015
  23. 正原 竜太, “仮想マシンのLive Migration におけるメモリの解析とその応用”,  February, 2014
  24. 小坂 良太, “スマートフォンが持つ複数の無線回線の帯域集約手法”,  February, 2014
  25. 呉 和賢, "仮想化技術を用いたクラウドサービス構築・運用のBCP", February, 2012
  26. 川口 紘典, "センサ・アクチュエータ間のデータフロー展開におけるネットワーク機器の制御システム", February, 2012
  27. 本舘 拓也, "実インターネットトラフィックデータへのCPP手法の適用とその改善に関する研究", February, 2012
  28. 浅井大史, "コンテンツ配信ネットワークにおけるAS間の経済的接続関係を考慮したピア選択手法," 修士論文, 2010年3月
  29. Sergio CARRILHO, "Pub/Sub Based System Architecture for Message Dissemination in Disruption Tolerant Networks : The Hikari System", February 2009
  30. 姜 鵬, "QoS Improvement for Small Mesh-based Live Media Streaming Overlays Using Online Duration Awareness", February, 2009
  31. 杉山 哲弘, "CCDM:中央管理方式に基づくセンサおよびアクチュエー タの管理アーキテクチャと管理スクリプト分割手法の提案", February, 2009
  32. 安本 直史, "マルチホップ無線メッシュネットワークにおけるリアルタイム性を考慮した品質評価手法の提案と実装", February, 2009
  33. 落合 秀也, "広域センサネットワークの運用構造と多属性検索の実現", February 2008
  34. 山口 龍太郎, "認証機能を適用した動的 IPv6 アドレスによる攻撃回避手法の提案と実装", February 2008
  35. 田中 陽介, "インターネットへの接続性に依存しないメッセージ交換環境の提案と実装", February 2008
  36. 王 智勇, "ラベルスイッチングを用いたコンテンツ指向フォワーディング手法の提案と実装", February 2008
  37. 賈 洪光, "災害時の非接続アドホック・ネットワーク環境におけるコンテンツ・デリバリ・アーキテクチャ", February 2008
  38. 石田 真一, "ネットワーク分散キャッシュを用いた大規模センサ情報配信システムの提案", February 2007
  39. 中島 亮, "レイヤ 2 転送を用いたレイヤ 3 アドホックネットワークの構成法", February 2007
  40. 澤村 正, "IEEE 802.11 フレーム拡張機能を用いたワイヤレスアクセスポイントの選択手法の提案", February 2007
  41. 藤田 祥, "データパスの再構成を可能にするネットワーク処理アーキテクチャに関する研究", February 2006
  42. 吉田 薫, "OSPF ネットワークにおける誘導経路情報を用いた動的経路選択手法", February 2005
  43. 葦名 保雄, "ルートリフレクタを用いた大規模iBGP網安定化および負荷軽減手法", February 2005
  44. 鎌田 健一, "スケーラブルなセキュリティーアーキテクチャの設計と性能評価", February 2004
  45. ラディナル ラフマット, "Mobile IP を用いた End-to-End マルチホームアーキテクチャの提案", February 2004
  46. 由木 泰隆, "オーバレイネットワークの相互接続を用いたサービス統合アーキテクチャ", February 2004
  47. 山本 成一, "アプリケーションレベルの遅延ジッタに注目したトラフィック特性の評価と応用に関する研究", February 2003
  48. 林 昌文, "無線アドホックネットワークにおける MPLS 適用の提案と評価", February 2002

Bachelor's thesis

  1. 築山 将央       プロセス間通信の可視化によるクラウド基盤ソフトウェアの複雑性比較, , February, 2017
  2. 野村 祐太朗    受信電波強度分布を利用したデバイスフリー人体検知, February, 2017
  3. 須賀 灯希       IPアドレスを用いたセッション管理によるDTLSサーバへのDoS攻撃の軽減, February, 2017
  4. 大友 一樹       時系列パターンに基づいたシステムログの量的削減手法, February, 2017
  5. 北沢 昌大       協調型ITSにおける携帯網を併用した車車間通信の支援, February, 2017
  6. 福田 大司郎     P2Pモデルを用いたログ共有によるサーバへの不正アクセスのリスク軽減, February, 2017
  7. 菰原裕          システムログへの変化点検出手法の適用による障害検出についての考察, , February, 2016
  8. 坂本 裕紀            超高速ネットワークにおけるリアルタイムなフロー監視手法の設計と実装, , February, 2016
  9. 戸間 明日香         複数ユーザで共有される3次元仮想空間の同期プラットフォームの一提案, , February, 2016
  10. 北里 知也            協調型ITS における車々間メッセージ代理生成・送信システムの設計, , February, 2016
  11. 肥嶋 達也            ネットワーク環境のバージョン管理システム, , February, 2016
  12. 石嶋 紘大            バーチャルリアリティー空間内オブジェクトとその設備情報の自動紐付け方法の提案, , February, 2016
  13. 江間 実                トラフィック解析によるHTTPSコンテンツの推定とフィルタリングへの応用可能性の評価, , February, 2016
  14. 平田 歩                OpenFlow を用いたVM ライブマイグレーション型ハニーポットシステムにおける攻撃トラフィックの制御, , February, 2015
  15. 樋口 海里       HTTP ストリーミングの配信品質向上手法の一提案, , February, 2015
  16. 林 昌吾         大規模センサーネットワークにおけるTCP データフローの集約化手法の提案・実装, , February, 2015
  17. 内海 究         BGP 経路情報の時系列変化のモデル化に関する一考察, , February, 2015
  18. 中神 啓貴       RS-485 上でIP 通信を実現するプロトコルの設計と実装, February, 2014
  19. 東角 比呂志     データセンタにおける ARP トラヒックの削減手法の提案, February, 2014
  20. TRAN QUOC HOAN  スマートタップによる消費電力データ公開の危険性評価の一検討, February, 2014
  21. 局 成矢         トラフィック特徴量の時系列解析によるアノマリ型IDSの検討, February, 2014
  22. 福田鉄平        個人テ?ハ?イスを用いた個人情報管理システムの検討と実装, February, 2013
  23. 小林諭          CLI環境における誤操作低減手法の検討と実装, February, 2013
  24. 沼田進          P2P型オンラインゲームにおける不正攻撃対策の提案と検証, February, 2013
  25. 田中晋太郎      継続的TCPコネクションを用いたNATセッション集約手法の提案, February, 2013
  26. 美嶋 勇太朗, "オンラインゲームにおけるbot検出のための, プレイヤーの行動に関する特徴量解析", February, 2012
  27. 東浦 成良, "データセンターにおける配線情報の継続的管理手法の提案", February, 2012
  28. 木下 僚, "マイクロブログにおける情報伝搬分析を実現するテストベッドのプロトタイプの設計と構築", February, 2012
  29. 朴 成軍, "Dripcast を用いたスマートフォンのクラウドアプリケーション開発の検証", February, 2012
  30. 川口 紘典, "中央管理方式によるセンサ・アクチュエータ機器の動的管理", February, 2010
  31. 川上 雄也, "仮想マシンの分岐複製によるプロセス単位での負荷分散及びその一手法の検討", February, 2009
  32. 杉田 毅博, "起動時間短縮を目的とするアプリケーション配布機構の実装と検討", February, 2009
  33. 橋本 紘希, "アプリケーション透過的なドメイン間ネットワークサービスマイグレーション手法の提案", February, 2009
  34. 平山 陽彦, "非ネットワーク対応ディジタル家電のネットワーク制御手法の一考察", Febryary, 2009
  35. 浅井 大史, "マルチドメイン P2P 型 CDN における配信経路制御の提案と評価", February 2008
  36. 肥村 洋輔, "スケッチ及びガンマ関数モデルを用いたインターネットトラフィック異常検出アルゴリズムの性能評価と最適化", February 2008
  37. 大口 諒, "宛先明示型マルチキャストにおける配送順序最適化手法の提案", February 2007
  38. 杉山 哲弘, "転送プロトコルスタックに非依存な通信機構に於けるマルチホームアーキテクチャの提案", February 2007
  39. 阪本 裕介, "MANET 環境における自律的 SIP 通信アーキテクチャの提案", February 2007
  40. 大木 裕介, "マルチホーム接続環境下でトラフィックの経路最適化を動的に実現する手法の提案", February 2006
  41. 落合 秀也, "大規模小型ノードネットワークにおける XML 翻訳機構の導入", February 2006
  42. 安本 直史, "拡張された無線アドホックネットワークにおける動的な経路制御手法 の提案", February 2006
  43. 田中 陽介, "アドホックネットワーク環境における電子メールサービス提供手法の提案", February 2006
  44. 石田 真一, "TCP/IP データ転送におけるパケット処理負荷解析システムの設計と実装", February 2005
  45. 坂巻 俊明, "エニキャスト技術を用いたマルチホーム経路最適化手法の提案", February 2005
  46. 菅 洋輝, "通信回線共有方式における動的トラフィック分配方式の提案", February 2005
  47. 神谷 誠, "P2P アプリケーション Peercast における接続効率向上方式の一提案", February 2004
  48. 細羽 啓司, "高速ネットワーク環境下でのパケット処理負荷の計測と表示方式の実装", February 2004
  49. 浜端 紀行, "通信回線共有方式におけるハンドオフ方式の改善", February 2004
  50. 吉田 薫, "大規模 OSPF ネットワークにおけるトラフィックエンジニアリングに関する研究", February 2003
  51. 金子 敬一, "インスタントメッセージサービスにおける暗号化を用いたセキュリティーの強化に関する研究", February 2003
  52. 松井 佑馬, "AS内部のネットワークの安定性に関する研究", February 2003
  53. 丁 寧, "Peer-to-Peer ネットワークシステム Freenet の耐障害性に関する研究", February 2003
  54. 水田 匡之, "Mobile IP における仮想インターフェースの利用に関する研究", February 2002
  55. 鈴木 達也, "WWW におけるコンテンツ分布とユーザアクセスパターンの解析", February 2002
  56. ラディナル ラフマット, "IP バージョン 6 における DNS サーバ検索方法に関する研究", February 2002

 
 

 
     
Copyright (c) 2001-2015 Esaki & Ochiai Laboratory, All Rights Reserved.